次男について

次男は知的に遅れのないタイプの自閉症です(新中学1年生)。

IQで言うと、80~120と項目でばらつきがあり、ゆわゆるメリハリのある子です。

(先生によっては凸凹と表現される方もいらっしゃいます)

加えて、ADHD由来の転導性(転動性)が本人の生きづらさにつながっています。

自己肯定感や自己効力感が落ちないように、できることなら上げてやりたいと思いつつ

子育てしてきました。

小さな頃は、失敗や負けることを極端に恐れ(ASDの子にはよくある話)、

年少さん(3歳児)の運動会では、『負けるのが嫌だから走らない』と

先生に手をつないでもらって、歩いて完走する子でした。

自分の思いが通らないと癇癪を起して泣き続け、

嘔吐するまで延々泣き続けていました。

嘔吐するとその衝撃でリセットできたようで泣き止むというしんどい生き方をしていました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする