卒業おめでとう!大号泣の卒業式でした

わが子の卒業式(小学校のね)。

仕事の都合がついたので、夫婦で式に参列してきました。

参加してきた甲斐がありました!

席取り

昨年の卒業式の様子をママ友達にヒヤリング。

すると・・・

開場が8:45 で、去年は8:30でかなりの人がいた
という情報があり、8:10を目指して、私だけ先に出かけました。

結果は、7番目! いい席をゲットできました^^

時代が変わったね と感じたこと

いまどきの式は 国旗掲揚 国歌斉唱 が当たり前なんですね。
国歌を習ったことのない世代なもので・・・

あと・・・
子供たちの「起立」と「着席」が、相当練習したようで
軍隊並み(ちょっと語弊があるかな)に揃っていて圧巻でした。
見ていて、気持ちのよいものでした。

連写していると

息子が卒業証書をもらう瞬間から席へ戻る姿を連写していると
(機動性重視で70-200mmの中望遠使用)
やたら、シャッター音が響いて・・・

他にそんなことしている保護者の方がいなくて・・・^^;
ちょっと恥ずかしかったです。

式の最後は、子供たちからの歌と言葉

ここまでくると、泣きだす子供たちが
だんだんと・・・
次々に・・・
あれよあれよと・・・

どんどん増えていきました。

当然、保護者席からも鼻をすする音が いっぱい 聞こえてきだします。

1人1つのセルフがあり、
全員で声を合わせて言うセルフも多数あり、

最初は、みんなの声がしっかり合わさって、
大きな声できちんとセリフが言えているのですが、
だんだん、泣いている子が増えると、その全員のセリフを言える子が少なくなり
声が小さくなりました。

そんな展開になるので、さらに号泣する子がどんどん増えていき、
子供たちなりに
いろいろな思いがこみ上げてくる様子がヒシヒシと伝わってきました。

時代が変わったね と感じたこと その2

実は、泣いている男の子が多いことに驚きました。
私の時代にはなかった話です。

噂には聞いていましたが
近年、増えているそうです。

ひと目をはばからずに号泣している男の子が何人もいました。

恥ずかしいから という理由だけで
自分の気持ちを押し殺してしまっていた昔と違い
心の内を素直に表現できる環境があるということなのかな。

私はその姿を見て、
「いい時代になったな」と感じました。

おまけ:息子のスーツ姿

3ピースを用意しました。

近所のスーパーでは3ピースはなく、アマゾンさんで購入。

価格も安くデザインも うちの子が一番カッコよかった です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする